見えない病気骨粗鬆症にはカルシウムでしっかり予防

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な相談が可能です

病棟

専門科を紹介してくれます

どの科で相談してよいのかわからない場合は内科を利用するとよいでしょう。内科は診療における相談窓口の役割も果たしているので、受診する科がわからない場合でも内科で診察を受ければ適切な科を紹介してくれます。また専門科での治療が終了したのちの経過観察でも利用できます。病気の内容によっては特別な設備を持つ医療機関での治療が必要となる場合もありますが、治療終了後の経過観察は専門科でなくともよいケースもあります。そのような場合は専門医に診断書を作成してもらえば、一般の内科でも経過観察を受けることが可能となっています。経過観察を最寄りの内科で受診できるように依頼すれば、わざわざ遠方へと診察を受けに行く必要がなくなるので楽に治療を継続することができます。

初期診断も行っています

城東区の内科ではアルコール依存症の相談も受け付けています。アルコール依存症は精神科での診察や治療が基本となっていますが、この病気の難しい点は初期の段階では自覚症状に乏しい点です。そのためいきなり専門科で診察を受けることに抵抗を感じる場合もあります。そのような場合でも城東区の内科なら大丈夫です。アルコール依存症の診断は血液検査や問診が中心となります。これらの検査や問診内容は精神科で行っているものと同一の検査となっているので、城東区の内科でも詳しく症状を調べることが可能です。アルコール依存症の予備軍と診断されるプレアルコホリックの段階であれば、城東区の内科で対応することができるので明確な症状がなくとも飲酒行動に不安を感じている方は相談してみるとよいでしょう。