見えない病気骨粗鬆症にはカルシウムでしっかり予防

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の治療法です

ナース

副作用のない治療法

NK細胞療法とは、がんの治療で働きが低下してしまった自分のNK細胞を採血で体内から取り出し、専門の培養機器を使用して増殖・活性化した細胞を再び体内に戻す治療法です。体内に戻った活性化した細胞が、がん細胞を攻撃してくれるため、優秀な治療法として人気を集めています。また、NK細胞療法は自分の体内にある免疫細胞を使用するため、まれにアレルギー反応や微熱が出ることはありますが重度の副作用がないため体に優しいのが魅力です。治療も採血と点滴または注射での投与になるため、体力を維持したまま治療を受けることが可能で体力がない人でも安心して受けることができます。普段の生活を送りながら受けることができるのも嬉しいポイントといえるでしょう。

他の治療法と併用が可能

NK細胞療法は、抗がん剤治療など他の治療法を受けている場合でも併用が可能なため、治療の組み合わせ方次第では相乗効果が期待できるため用いられることが多くあります。治療方法は、患者の方の状態やがん細胞の状態などを総合的に判断して、そのときに最適と思われるもので行っていきます。NK細胞療法は、外来通院での治療が基本なため入院の必要がなく、病状が軽度な場合日常生活を送りながら治療を行いたい方におすすめの治療法です。対応できる病状も、一部の血液がんを除いたほとんどのものに対応しています。また、目に見えない小さながん細胞へも攻撃してくれるため、手術後の再発防止としても高い効果が期待され用いられている治療法です。